SSIDとは

SSID(Service Set IDentifier)とは、無線LAN(Wi-Fi)のアクセスポイント(インターネットとの接続地点)の識別名称のこと。SSIDは、Wi-Fiルーターや、テザリング機能を利用したスマートフォンなど「無線LANの親機になれるものすべて」に付与されている。

無線LANは、電波を使って通信するため、複数のアクセスポイントと交信が可能だ。そのため、混信を避けるために親機にSSIDが付与され、子機側は、SSIDで親機を識別し、暗号化キーやパスコードなどの認証を経た上で無線接続する必要がある。

SSIDは最大32文字までの英数字を任意に設定することができる。無線LAN(Wi-Fi)を安全に利用するためには、SSIDを初期状態の文字列からから任意の文字列に変更することや、通信の暗号化などのセキュリティ設定を適切に行うことが必要だ。

セキュリティ設定を行わないと、アクセスポイントを他人に「ただ乗り」され、「なりすまし」により、掲示板等に不適切な投稿をされるといったリスクがある。また、設定によっては、同じアクセスポイントを利用する第三者に、無断で子機(端末)にアクセスされる可能性もある。

こうしたリスクを低減するために、SSIDは初期状態から変更しておくことが望ましい。また、端末とアクセスポイントの間の通信を暗号化し、通信内容が盗み見られないように、適切な暗号化方式を選択、設定することが推奨される。

なお、無線LANの安全な利用に関するポイントは、こちらの記事で解説しているので、参考にして欲しい。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:
  • 5月はオンラインゲームをかたるフィッシングや、Apple IDを詐取する手口にも注意
  • カテゴリートップへ
  • 「Apache Struts」バージョン1系列(Apache Struts 1)に新たに2つの脆弱性が確認される