1. トップ
  2. 2019年1月

2019年1月全12件

最新記事

NISCが「インターネットの安全・安心ハンドブック」の新版を公開
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は1月18日、「インターネットの安全・安心ハンドブック」の新版を公開した。 これまで「ネットワークビギナーのための情...(続きを読む
2019年1月31日
NISCが「インターネットの安全・安心ハンドブック」の新版を公開
三井住友銀行をかたるフィッシングに注意喚起
フィッシング対策協議会は1月17日、三井住友銀行をかたるフィッシングについて注意を呼びかけた。 メールの件名は「Sumitomo Mitsui - メンテナンス...(続きを読む
2019年1月29日
三井住友銀行をかたるフィッシングに注意喚起
WPA3とは
WPA3(Wi-Fi Protected Access 3)とは、無線LANの暗号化技術であるWPAの新しい規格のこと。無線LANの普及促進の業界団体であるWi...(続きを読む
2019年1月28日
WPA3とは
IDCが、国内情報セキュリティ市場予測(2018年〜2022年)を発表
IT専門調査会社 IDC Japanは、1月17日、国内の情報セキュリティ製品市場とセキュリティサービス市場の市場予測(2018年〜2022年)を発表した。 同...(続きを読む
2019年1月24日
IDCが、国内情報セキュリティ市場予測(2018年〜2022年)を発表
「Amazonプライム会員更新」をかたるフィッシングに注意喚起
フィッシング対策協議会は1月15日、Amazonをかたるフィッシングの手口について注意喚起を行った。 メールの件名は「Amazoneプライムのお支払いにご指定の...(続きを読む
2019年1月23日
「Amazonプライム会員更新」をかたるフィッシングに注意喚起
メール件名などに「顔文字」を用いたランサムウェアの手口に注意喚起
トレンドマイクロ社は1月11日、件名とメール本文に「:)」「:D」などの「顔文字」を用いたランサムウェア拡散の手口について注意喚起した。 これは、2019年初頭...(続きを読む
2019年1月22日
メール件名などに「顔文字」を用いたランサムウェアの手口に注意喚起
Google+のサービス終了に伴う情報セキュリティブログ公式Google+ページ終了のお知らせ
Google社よりGoogle+のコンシューマー向けサービスを2019年4月で終了するとの発表がありました。 情報セキュリティブログでは、2012年より記事の公...(続きを読む
2019年1月18日
Google+のサービス終了に伴う情報セキュリティブログ公式Google+ページ終了のお知らせ
JASAが2019年のセキュリティ10大トレンドを発表
1月7日、特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会(JASA)は、「監査人の警鐘 - 2019年 情報セキュリティ十大トレンド」を公開した。これは、同協会よ...(続きを読む
2019年1月17日
JASAが2019年のセキュリティ10大トレンドを発表
特権IDとは
特権IDとは、システムを管理する特別な権限を付与されたアカウントのこと。「特権アカウント」「特権ユーザー」と呼ぶ場合もある。 システムの運用における初期設定や設...(続きを読む
2019年1月15日
特権IDとは
12月も件数増加、AppleやAmazonは新たな文面のメールが確認される
1月7日、フィッシング対策協議会は、2018年12月の月次報告書を公開した。 これによると、フィッシング報告件数は1,884件となり、前月(1,652件)より2...(続きを読む
2019年1月11日
12月も件数増加、AppleやAmazonは新たな文面のメールが確認される
2018年12月のIT総括
2018年12月に話題となったIT関連のトピックスにつき、概要と参考URLを記していきます。 11月も引き続き、宅配の不在通知を装うSMSが多く報告される 12...(続きを読む
2019年1月 9日
2018年12月のIT総括
クリプトジャッキングとは
クリプトジャッキング(cryptojacking)とは、仮想通貨の「マイニング」(「採掘」の意)を不正に行うこと。マイニングとは、仮想通貨の取引に必要な計算に協...(続きを読む
2019年1月 8日
クリプトジャッキングとは

もっと見る(5件を追加)