日本サイバー犯罪対策センターが運送系企業を装ったスミッシングに注意喚起

日本サイバー犯罪対策センターが運送系企業を装ったスミッシングに注意喚起5月8日、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は、運送系企業を装ったフィッシングについて注意喚起を公開した。

これは、スマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)を利用し、フィッシングサイトに誘導する「smishing(スミッシング)」と呼ばれる手口だ。

これまでも佐川急便をかたり、不在通知の偽メッセージを送り偽サイトに誘導、不正アプリをダウンロードさせる手口などが発生していた。

今回、新たに、日本郵便をかたるSMSと、同社を装った偽サイトが確認された。JC3では、日本郵便をかたるスミッシング被害が発生する可能性があるとし、また、他の運送系企業をかたる手口に拡大していく可能性もあるため、利用者に注意を呼びかけている。

被害に遭わないために、「心当たりがないメッセージは開かない」「メッセージに記載されたURLへ安易に接続しない」「信頼できるところからしかアプリはダウンロードしない」「ID、パスワードを入力する際は、正規サイトであることを確認する」といった点に注意するよう、JC3では注意を呼びかけている。

運送系企業を装ったフィッシングの注意喚起(JC3)
あなたのパスワードが狙われている!フィッシングの被害を防ぐための4つのポイント(今すぐ見直したいセキュリティ対策)
スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を安全に利用するためのポイント(今すぐ見直したいセキュリティ対策)

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

ID

JC3

SMS

アプリ

サイバー犯罪

スマートフォン

パスワード

フィッシング

フィッシングサイト

メッセージ

不正アプリ

偽サイト

日本サイバー犯罪対策センター

セキュリティニュース 人気ランキング

セキュリティ用語 人気ランキング