クラウドセキュリティに関する業界団体「Confidential Computing Consortium」設立を発表

クラウドセキュリティに関する業界団体「Confidential Computing Consortium」設立を発表Linux Foundationは、8月21日(米国時間)、「コンフィデンシャル コンピューティング」採用を促進する業界横断の新たなコミュニティとして「Confidential Computing Consortium」(CCC)を設立すると発表した。

CCCには、Alibaba、Arm、Baidu、Google、IBM、Intel、Microsoft、Red Hat、Swisscom、Tencentといったテック企業が参加を表明している。

「コンフィデンシャルコンピューティング」とは、クラウドコンピューティングにおけるデータ保護の取り組みで、「処理中」のデータ保護のこと。これまでの「保存中」「送信中」に続く、3番目の取り組みだが、最も困難なステップであるといわれる。

あらゆる業界でクラウドの利用が進んでいる。企業ITは、オンプレミスからパブリッククラウド、エッジコンピューティングまで、複数の環境を利用することが考えられるが、これらの異なる環境にITのワークロードを移行する際には、機密性の高いデータの保護管理が求められる。

コンフィデンシャルコンピューティングでは、暗号化されたデータをシステムの他の部分に公開することなくメモリ内で処理できるため、機密データの公開を減らし、ユーザーの管理の透明性の向上に寄与するという。

CCCは、ハードウェアベンダーやクラウドベンダー、開発者などが協力し、技術や規格の標準化やオープンソースによる開発環境の構築などを通じ、コンフィデンシャルコンピューティング市場を加速させていく。参加企業はいくつかのオープンソースプロジェクトをコントリビュートする予定だということだ。

次世代クラウド & エッジ コンピューティングのコンピュテーショナルな信頼とセキュリティを促進する新クロスインダストリ プロジェクトの設立に向け始動(The Linux Foundation Japanのプレスリリース)
・(英文)CCCによるプレスリリース

日立ソリューションズの関連ソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

Google

IBM

Intel

Linux

Microsoft

オープンソース

クラウド

クラウドコンピューティング

クラウドセキュリティ

システム

データ

ハードウェア

パブリッククラウド

暗号化

機密性

セキュリティニュース 人気ランキング

セキュリティ用語 人気ランキング