1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティかるた
  3. 【お】落とさない フラッシュメモリー ノートPC

【お】落とさない フラッシュメモリー ノートPC

落とさない フラッシュメモリー ノートPC

【お】落とさない フラッシュメモリー ノートPC

モバイルPCの普及と、フラッシュメモリーなどの大容量記憶媒体の出現により、我々は外出先にいながら、オフィスにいるのと同様の仕事環境を手に入れることができた。仕事の効率化が大幅に図られたといえる。

一方で、そうした利便性と引き換えに、深刻なセキュリティ上の問題に直面している。つまり、重要データが詰まったノートパソコンやフラッシュメモリーが外出先で盗難や紛失にあったら......、企業にとっては機密情報の漏えいが時と場所を問わずに発生しうるというリスクである。

こうしたリスクに対応するために、企業は様々な対策を講じている。職場のノートパソコンを持ち出し禁止にしたり、パソコン内のデータを外部メモリーにコピーすることができないようにするといったことだ。

最近では、持ち出し禁止、コピー禁止によって損なわれる利便性に配慮して、一定のポリシーの下、それらを容認する対応を取るケースも出てきた。例えば、ノートパソコン内部のデータを暗号化して、万が一の紛失の際も、鍵を持たなければデータにアクセスできないようにしたり、暗号化されたパソコン内部のデータを外部メモリーにコピーするときは、当該メモリーにいつ誰が情報を追加したか操作ログを記録して、ユーザー(社員)に対して重要な情報を取り扱っているという意識づけをし、故意による漏えいを抑止するといったことだ。

しかし、最終的には、持ち歩くユーザー側の意識が大事である。つまり、重要データが格納されたノートパソコンやフラッシュメモリーを持ち歩くときは絶対に紛失・盗難に遭わないという意識を持って管理することが基本中の基本である。