1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティかるた
  3. 【す】スパイウエア フリーソフトに 添付され

【す】スパイウエア フリーソフトに 添付され

スパイウエア フリーソフトに 添付され

【す】スパイウエア フリーソフトに 添付され

スパイウエアとは、もともとはパソコンを使うユーザーの行動履歴や嗜好性などを調査したり、正当に個人情報を収集するためのプログラムだ。得られたデータはスパイウエアの作成元に送られることになる。

一般的に、スパイウエア自体が悪意のあるプログラムというわけではないが、他のアプリケーションソフト−たとえばフリーソフト−とセットで配布されるため、ユーザーは当該アプリケーションソフトの他に、スパイウエアがインストールされたことに気づかないという問題がある(本来は、インストールした時点で、形式上、利用条件について承諾したということにはなるのだが)。

また、これもスパイウエアの特徴であるが、スパイウエアはバックグラウンドで動作しているため、その動作がユーザーから気づきにくいという点である。

一番厄介な問題は、そうした性質を悪用して、様々な悪さをするようにプログラムされたスパイウエアが暗躍しているということである。

例えば、他人のパソコンに不正に侵入するためのバックドアを設置したり、ログを改ざんしたりするもの。あるいは、オンラインバンクの口座番号や暗証番号などを犯罪者に送るようにプログラムされたスパイウエアなどだ。

ユーザーに気づかれないまま、特定の作業を実行できないように設定するような、いわば、他人のパソコンを不正に乗っ取ってしまうようなものまで考えられる。

こうした悪意のスパイウエアに引っかからないためにも、特にフリーソフトを利用する際は利用条件の確認や、信頼できる作成元かどうかを慎重に見極めたいものだ。フリーソフトの利用以外にも、身に覚えのないメールの添付ファイルは開かない、怪しいと感じたWebサイトのURLはクリックしないということが大事である。