1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティかるた
  3. 【ち】 注意して カードの盗撮 スキミング

【ち】 注意して カードの盗撮 スキミング

注意して カードの盗撮 スキミング 

【ち】 注意して カードの盗撮 スキミング

スキミングとは、他人のクレジットカードやキャッシュカードを偽造する行為のひとつだ。

クレジットカード偽造の代表的なスキミングの手口は、飲食店などで他の客の上着に入ったままのクレジットカードから情報を盗み出したり、空巣に入り、カード本体ではなく情報だけを盗みだしたり、クレジットカード取扱店のCAT端末(加盟店信用照会端末)に細工をして「スキマー」(クレジットカードやキャッシュカードの磁気記録情報を読み取る装置)を仕掛けたりする、などだ。

こうしたクレジットカードの偽造よりも深刻な問題としてニュースなどで報じられているのが、直接銀行口座から現金を引き出すことのできるキャッシュカードの偽造だ。

ATM(現金自動預払機)に小型カメラを設置し、利用者が暗証番号を入力する操作を盗撮してカード情報を盗み取るという手口だ。ATM端末自体には細工を施さずに、ATMと情報のやり取りをする本店のホストコンピューターをつなぐ通信経路に盗聴器を仕掛けるという悪質な手口もある。

最近では、スキミングを防止するために、金融機関がクレジットカードのICカード化や、生体認証、ワンタイムパスワードの導入などを進めている。

我々利用者は、クレジットカードやキャッシュカードは、考えている以上に容易に偽造が可能であるという認識を持って、慎重に行動することが必要である。