【つ】 通信を SSLで 暗号化

通信を SSLで 暗号化 

【つ】 通信を SSLで 暗号化

SSLとは、インターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコルのこと。プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号、企業の機密情報などを、インターネット上で安全に送受信するための約束事のことだ。

重要な情報を平文のままインターネットを経由してやり取りすると、通信経路を盗聴された場合、内容を簡単に他人に知られてしまうため危険である。

SSLは公開鍵暗号やデジタル証明書などのセキュリティ技術を組み合わることにより、データの盗聴や改ざん、なりすましを防ぐことができる。

これにより、我々利用者は、インターネット上で、例えば通販サイトでクレジット情報を入力し、買い物をしたり、オンラインバンキングを安全に利用したりすることができるのだ。

Webサイトのページが、データの送受信にSSLを利用しているかどうかは、ブラウザの右下に「鍵マーク」が表示されることで容易に確認できる。入力フォームなどでクレジット番号など、他人に知られてはまずい個人情報を送信する際は、当該ページの右下に「SSLの鍵マーク」が表示されているか、最低限確認したい。

最近では、オンラインバンキングやクレジット会社、あるいはポータルサイト運営会社などを騙って、偽のWebページ上に個人情報を入力させるように誘導する「フィッシング詐欺」などが横行している。

インターネット利用に際しては、特に個人情報を入力する際は、

 ・ポップアップウィンドウで入力画面が現れたら、安易に信頼してはいけない
 ・心当たりのないメールやインスタントメッセージのファイルを不用意に開かない
 ・PCのセキュリティ対策(OSの更新、ウイルスソフト)の実施
 ・メールで個人情報を送信しない
 ・個人情報を入力する際は、そのページのURL、SSLの鍵マークなどの目視確認

といった細心の注意を払って行動することが肝要である。