1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティかるた
  3. 【て】 停電に 備えて安心 UPS

【て】 停電に 備えて安心 UPS

停電に 備えて安心 UPS

【て】 停電に 備えて安心 UPS

UPS(無停電電源装置)とは、電池や発電機を内蔵し、停電時でもしばらくの間コンピューターに電気を供給する装置のこと。

個人で利用するパソコンはもちろん、金融機関のオンラインシステムやIDCなどの大規模システム、ネットワーク機器などの重要なコンピューターシステムを停電や電力障害から守るための装置だ。ユーザーは、停電や電力障害の際、UPSが電気を供給してくれている間に、安全にシステムを終了することができる。

商用電源は非常に安定しているが絶対的ではなく、自然災害や電線路の点検、工事などによる停電はどこでも発生する可能性がある。情報通信機器は電源変動に敏感であるため、電圧変動、瞬時電圧低下、停電などの電源トラブルで、データの喪失、ファイルの破壊、システム停止などが発生する恐れがある。

特に、企業においては、システムが公共的、社会的な設備であればあるほど、またネットワークが広域であればあるほど、電源トラブルの影響はシステム全体に波及するため、その損害はさらに拡大するというリスクがある。

このため、ディザスタリカバリの観点からも、システムにUPSを設置することが推奨されている。