1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティかるた
  3. 【へ】 ヘッダーを 偽り送信 スパムメール

【へ】 ヘッダーを 偽り送信 スパムメール

ヘッダーを 偽り送信 スパムメール

【へ】 ヘッダーを 偽り送信 スパムメール

ユーザーの意志に関係なく無差別かつ大量に送信される宣伝や広告を目的にしたスパムメール。スパムという語源には諸説あるが、米Hormel Foods社の「SPAM」という肉の缶詰製品のCMから名前がつけられたという説が有力だ。

スパムメールの特徴は、送信者を偽ったり本人に関係のありそうな件名を使ったりすることで、言葉巧みにメールを開かせるように仕向ける作りになっている。内容としては、アダルトサイトへの勧誘メールである場合が多い。

また、単に広告宣伝だけでなく、メール本文に表記されているURLをクリックさせることで料金を不当に請求してくるワンクリック詐欺や、ウイルスに感染したファイルが添付されているウイルスメールの類も含まれている。

大量に送信されてくるスパムメールは、業務効率を著しく低下させ、ネットワークの負荷を増大させることにもつながる。対策として、文章解析やドメイン指定などでスパムメールを排除できるスパム対策ソフトウエアを導入するのが有効だ。直接的な被害が少ない広告メールだからといって放置していると、メールの処理だけで業務の大半を費やしてしまうことにもなりかねないので注意が必要だ。