1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティかるた
  3. 【む】 無線LAN 暗号化設定 しっかりと

【む】 無線LAN 暗号化設定 しっかりと

無線LAN 暗号化設定 しっかりと

【む】 無線LAN 暗号化設定 しっかりと

物理的なケーブルを使うことなく、アクセスポイントを経由することでデータのやり取りを行うことができる無線LAN。一般家庭にも広く普及している通信インフラだが、実は無線LANには、電波を空間に飛ばしてデータ通信を行うがゆえに、通信途上で情報を盗聴されてしまうリスクが常にある。

そこで、無線LANには情報の盗聴を防ぐための様々なセキュリティ技術が搭載されている。その重要な技術の一つが通信の暗号化だ。データそのものを暗号化することで、万が一無線空間上でデータが盗聴されたとしても、その中身が第三者に解読できない仕組みを作ることができる。

これまで、無線LANの暗号化技術にはWEPと呼ばれるものが使われてきたが、暗号時に使う鍵の長さが短いために解読が容易で、その脆弱性が指摘されていた。そこで新たな暗号化技術として、鍵の長さを拡張し、一定時間ごとに鍵を新たに更新するTKIPが開発された。さらに現在では、従来の暗号アルゴリズムそのものを変更することで、より強度を高めたAESが暗号化技術として標準採用されている。

無線LANは目に見えないデータ通信であり、電波が届く範囲であれば屋外からでも情報が盗聴できてしまう。無線LANにおける暗号化設定は、いまや欠かすことのできないセキュリティ対策となっている。