1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティかるた
  3. 【る】 ルーターで 正しく設定 ポートとIP

【る】 ルーターで 正しく設定 ポートとIP

ルーターで 正しく設定 ポートとIP
【る】 ルーターで 正しく設定 ポートとIP

ネットワークを経由してデータを届ける場合、その中継装置の役割を担っているのが、ネットワーク機器のルーターだ。ルーターは、データのヘッダーに付加された所在情報であるIPアドレスを元にデータの振り分けを行い、正しい相手に情報を届ける機能を持っている。

ルーターが持っている中継機能は、実はネットワークセキュリティの重要な役割を果たしてくれる。なぜなら、ネットワークを経由して感染を目論むウイルス不正アクセスを企てる攻撃者は、必ずルーターを経由しながら内部に入ってくるためだ。

そこで、最近ではこの中継装置であるルーターにセキュリティ脅威を未然に防ぐための様々な機能が備わっている。例えば、特定のアプリケーションで使われているポートの開閉によってウイルスの侵入や不正アクセスを防いだり、基幹システムが設置されたセグメントに余計なデータを流さないよう、IPアドレスでコントロールしたりする機能だ。

特に外部からデータが入ってくる入口には、必ずルーターが配置されている。セキュリティ脅威は、その入口でしっかりと防御することが重要なのだ。また、ウイルス感染を広げないためにも、データの中継装置であるルーターでしっかりとした対策を行っておきたい。

関連キーワード:

IPアドレス

ウイルス

ルーター

不正アクセス