1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 総務省が「職場外のパソコンで仕事をする際のセキュリティガイドライン」を公表

総務省が「職場外のパソコンで仕事をする際のセキュリティガイドライン」を公表

自宅などの、職場外のパソコンで会社のデータを扱ったり、ネットワーク上でやり取りする機会が増えるに伴い、情報の紛失や改ざんなどのセキュリティ上のリスクが高まってきました。特に、Winnyなどのファイル交換ソフトを介した情報流出によって、機密情報や個人情報の漏えいが後を絶ちません。

総務省では、情報セキュリティ対策をこれから行おうとする組織・企業を対象に、「職場外のパソコンで仕事をする際のセキュリティガイドライン」を公表しました。

総務省、「職場外のパソコンで仕事をする際のセキュリティガイドライン」を公表(CNET Japan)

 ガイドラインでは、職場外のパソコンで仕事をするうえで必要となる情報セキュリティ対策を「ルール」「人」「技術」という3つの要素に分類。「ルール」の章では、管理者の選任、情報資産の管理方法の策定を行うほか、従業員にパソコンを貸し出す際に「氏名」「担当業務」「パソコン機種」「連絡先」「返却期限」「情報セキュリティ対策状況」などを把握しておくことなどが明記されている。

記事によると、想定される危険性を前提にした、モデルケースとしての対策が例示されているとのこと。「技術」の項には、「ウイルス対策ソフトをインストールし、最新の定義ファイルに定期的に更新する」ことや、「OSおよびソフトウェアはパッチの更新を定期的に行う」といった、このブログでもことあるごとに述べている基本的な対策について定めているようです。

なお、「人」についての対策は、「従業員の情報セキュリティに関する認識を確実なものにするため、日々、教育・啓発活動を実施する」ことが定められています。こうしたブログでの情報発信がそうした啓蒙活動の一助になってくれれば嬉しいことですね。

<参考>
「職場外のパソコンで仕事をする際のセキュリティガイドライン」の公表(総務省)

関連キーワード:

Winny

個人情報

総務省