1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. ネット利用者の8割以上が迷惑行為を経験

ネット利用者の8割以上が迷惑行為を経験

トレンドマイクロ社が行った「インターネットの利用動向」に関するアンケート結果が公表されました。これによると、ネット利用者の84%が、「迷惑メールが送られてくる」「知らないポップアップメッセージが出る」といった迷惑行為に遭った経験があると回答しました。

・ネットユーザーの84%が迷惑メールなどの被害に--トレンドマイクロ(CNET Japan)

 インターネット利用時における迷惑行為の被害状況では、84%のユーザーが「迷惑メールが送られてくる」「知らないポップアップメッセージが出る」といった迷惑行為に遭った経験があると回答した。最も多かった迷惑行為は「大量の迷惑メールが送られてくるようになった」であり、「知らないポップアップメッセージが出てくる」「次々と大量の広告が表示される」といった被害が続いた。さらに、「銀行口座の番号が盗まれ、預金が引き落とされた」という回答もあった。

この調査は、18歳以上のインターネットユーザー3,971名を対象に、3/24(金)〜3/27(月)にかけてWeb上でアンケートを実施したものです。記事によると、ウイルス対策ソフトあるいは総合セキュリティソフトの利用については、「いまだに約3人に1人が利用していない」とのことです。

また、対策ソフトを常に最新の状態に保つためのパターンファイル(定義ファイル)については、「名前と内容を知っている」と回答したユーザーが35%、知っていると回答した利用者のうち、定義ファイルの更新を「自動で毎日」実施しているユーザーは48%と半数を下回る結果となりました。

定義ファイルとは、それぞれのウイルスが持つ独自の特徴的なウイルスパターンを集めたデータベースファイルのことです。ウイルス対策ソフトは、パターンをファイルと照合してそのファイルがウイルスに感染しているかどうかを調べます。新しいウイルスに対応するためには、定義ファイルは定期的に更新する必要があります。

冒頭の結果からも分かるとおり、大部分のネット利用者が、何らかの迷惑行為にあった経験を持っています。こうしたセキュリティ上の脅威から身を守るためには、

・OSのセキュリティ修正パッチの適用
・セキュリティ対策ソフトの導入、定義ファイルの更新

といった基本的な対応を継続していくことが大事です。

<参考>
・ニュースリリース(トレンドマイクロ社のページ)

関連キーワード:

パターンファイル

定義ファイル

対策ソフト

迷惑メール