1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IDCが国内クラウドセキュリティ市場予測を発表

IDCが国内クラウドセキュリティ市場予測を発表

IDCが国内クラウドセキュリティ市場予測を発表IT専門調査会社 IDC Japanは、10月23日、国内クラウドセキュリティ市場予測(2017年〜2021年)を発表した。

2016年の国内クラウドセキュリティ市場は、前年比21.1%増の80億円、同市場の2016年〜2021年の年間平均成長率は20.9%で、売上額をベースにした市場規模は2016年の80億円から、2021年には208億円に拡大すると予測される。

同社は、国内クラウドセキュリティ市場を「パブリッククラウド環境へのセキュリティ対策製品市場」と定義、「クラウドシングルサインオン」「クラウドセキュリティゲートウェイ」「その他クラウドセキュリティ」の3つのセグメントに分類している。企業におけるパブリッククラウドやモバイルの利活用が進んでおり、ITリソースがパブリッククラウドに展開されるケースが増えていることから、クラウドシングルサインオンや、マルウェア対策への需要が引き続き高く、市場を牽引していくと見込んでいる。

また、パブリッククラウドの利用拡大によってますます利用が進むハイブリッド環境では、ITリソースの活用状況を集中的に監視、管理するクラウドセキュリティゲートウェイを経由してITリソースを利用することで、ITリソースの利用状況を把握してセキュリティ被害を防止するセキュリティソリューションが有効であると同社は言及。このため、クラウドセキュリティゲートウェイへのニーズが高まると予測している。

そして、企業の管理下にないサービスやデバイスを利用する「シャドーIT」によるセキュリティリスクを軽減するには、イントラネット内にあるITリソースだけでなく、パブリッククラウド上に展開されるITリソースへのアクセスコントロールやユーザーの挙動分析、アプリケーションの稼働監視などを行うセキュリティソリューションが有効だと同社は述べている。

今回の発表は、同社が発行した「国内クラウドセキュリティ市場予測、2017年〜2021年」に詳細に報告されている。

国内クラウドセキュリティ市場予測を発表(IDC Japan)

日立ソリューションズのセキュリティソリューション

クラウド・モバイルセキュリティソリューション

クラウド・モバイルセキュリティソリューション

ID管理・認証強化、モバイルデバイス管理、マルウェア対策などのセキュリティソリューションを最適に組み合わせることで、クラウド・モバイル利用時のセキュリティリスクの軽減を実現します。

詳しく見る

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IDC

クラウドシングルサインオン

クラウドセキュリティ

クラウドセキュリティゲートウェイ

シャドーIT

パブリッククラウド

  • IPAが「ランサムウェア対策特設ページ」を開設
  • カテゴリートップへ
  • IPAがランサムウェア「Bad Rabbit」に注意喚起