1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAがランサムウェア「Bad Rabbit」に注意喚起

IPAがランサムウェア「Bad Rabbit」に注意喚起

IPAがランサムウェア「Bad Rabbit」に注意喚起独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、感染拡大が確認されているランサムウェア「Bad Rabbit」(バッドラビット)に関する注意喚起を公開した。

10月26日に公開された「感染が拡大中のランサムウェア『Bad Rabbit』の対策について」では、ロシアやウクライナなどを中心に、現地時間10月24日に「Bad Rabbit」の感染被害が確認され、多くの機関において業務に支障が出るなどの深刻な影響が発生していることが明らかにされた。

「Bad Rabbit」は正規のインストーラー等に偽装し、改ざんされたWebページなどに埋め込まれる。ユーザーが改ざんされたWebページにアクセスし、偽装されたインストーラーをダウンロードすることで「Bad Rabbit」に感染することが報じられている。

感染するとコンピューター内のファイルが暗号化され、利用できなくなる被害に遭う可能性がある。また、1台のコンピューターが感染すると同一ネットワークにある他のコンピューターに感染が広がる可能性があり、現時点では、暗号化されたファイルを復号する方法は確認されていないという。

IPAでは、「Bad Rabbit」への感染を防ぐ対策として、以下の4点の対策を挙げている。

(1)不審なインストーラー等のプログラムを実行しない
(2)不審なメールの添付ファイルを開封することや、リンクへアクセスしない
(3)ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新する
(4)定期的なバックアップをする

感染が拡大中のランサムウェア「Bad Rabbit」の対策について(IPA)

日立ソリューションズのセキュリティソリューション

情報漏洩防止ソリューション 秘文

情報漏洩防止ソリューション 秘文

ランサムウェアに感染しても機密データやマスターブートレコードにアクセスさせないという方法でデータの窃取や破壊を防止します。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

Bad Rabbit

IPA

バッドラビット

ランサムウェア

  • IDCが国内クラウドセキュリティ市場予測を発表
  • カテゴリートップへ
  • 2017年10月のIT総括