1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IDCが国内IoTセキュリティ市場予測を発表

IDCが国内IoTセキュリティ市場予測を発表

IDCが国内IoTセキュリティ市場予測を発表IT専門調査会社 IDC Japanは、11月6日、国内IoTセキュリティ製品市場予測(2017年〜2021年)を発表した。

2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は、前年比27.5%増の518億円、同市場の2016年〜2021年の年間平均成長率は19.3%で2021年の市場規模は1,250億円に達すると予測される。

IoTセキュリティ製品市場は、ハードウェア製品とソフトウェア製品の2つの製品セグメントに分類される。ハードウェア製品には、物理的なセキュリティアプライアンス製品や、センサー/モジュールやサーバー、ストレージなどに組み込まれるハードウェアモジュールなどが含まれる。

また、ソフトウェア製品は、IoTソリューションとネットワークのセキュリティ対策のソフトウェアで、これには既存のセキュリティソフトウェアやアナリティクスソフトウェア、アプリケーションソフトウェア、IoT向けプラットフォームなどが含まれる。

IDCによると、ハードウェア製品市場は、2016年の市場規模は144億円、2016年〜2021年の年間平均成長率は15.1%で、2021年には291億円にまで拡大すると予測され、また、ソフトウェア製品市場は、2016年の市場規模は374億円、2016年〜2021年の年間平均成長率は20.7%で、2021年には960億円に拡大することが予測される。

2017年5月には世界規模でランサムウェアが猛威をふるい、PCだけでなく医療機器や産業システムも感染したことが報じられている。インターネットに接続されたIoT機器や制御系システムのセキュリティ対策は喫緊の課題であり、IoT環境へのサイバーセキュリティ対策への導入が進展すると見られる。こうした状況下で、IoT市場に参入しているすべてのベンダーがエコシステムを構築し、シームレスで強固なセキュリティソリューションを提供していくことが重要だとIDCは述べている。

今回の発表は、同社が発行した「国内IoTセキュリティ市場予測、2017年〜2021年」に詳細に報告されている。

国内IoTセキュリティ製品市場予測を発表(IDC Japan)

日立ソリューションズの関連ソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IDC

IoT

IoTセキュリティ

IoT機器

ランサムウェア

  • 10月は件数減も、Appleをかたるフィッシングを依然として数多く確認
  • カテゴリートップへ
  • 82%が企業内のIoT機器を100%特定できない:IoTセキュリティに関する意識調査