1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. トレンドマイクロが2017年の脅威動向についてレポートを公開

トレンドマイクロが2017年の脅威動向についてレポートを公開

トレンドマイクロが2017年の脅威動向についてレポートを公開トレンドマイクロ社は、2月27日、2017年の国内外における脅威動向を分析した「2017年年間セキュリティラウンドアップ:『セキュリティの常識を覆すサイバー犯罪の転換期』」を発表した。2017年は様々なサイバー犯罪において特筆すべき変化が起こった「転換期」に位置づけられるという。

2016年以降、猛威をふるうランサムウエアの攻撃総数は、2017年は6億件と2016年(10億件)から減少しているものの、ランサムウエアがサイバー犯罪者にとっての「ビジネス」として完全に定着し、2017年に登場した「WannaCry」をはじめ攻撃手法が多様化した。

また、2017年のトレンドとして「仮想通貨」を狙う攻撃が台頭。利用者のコンピューティングリソースを不正に乗っ取り、仮想通貨の「発掘」を行う「コインマイナー」の検出台数は国内外で過去最大規模を記録した。ランサムウエアをはじめとするサイバー攻撃は、仮想通貨ウォレットなどの認証情報を標的に加え始め、仮想通貨取引所サイトを直接狙う攻撃も発生している。

そして、日本では、2017年は「ビジネスメール詐欺元年」とも呼ぶべき年となった。12月には国内初となる大企業における被害事例が公表されるなど、転換期を迎えたサイバー犯罪によって、これまでの常識を覆すような被害が発生していると同社は指摘している。

2017 年は「セキュリティの常識を覆すサイバー犯罪の転換期」、2017 年の脅威動向を分析(トレンドマイクロ セキュリティブログ)

日立ソリューションズのセキュリティソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

情報漏洩防止ソリューション 秘文

情報漏洩防止ソリューション 秘文

万が一、マルウェアに侵入された場合にも秘文が漏洩や破壊のリスクから機密データを守ります。

詳しく見る

CylancePROTECT

CylancePROTECT

AI(人工知能)技術のひとつである機械学習を利用したパターンファイルを必要としない方式で、既知、未知問わずにマルウェアを検知する次世代マルウェア対策製品です。

詳しく見る

関連キーワード:

WannaCry

サイバー犯罪

トレンドマイクロ

ビジネスメール詐欺

ランサムウエア

仮想通貨

  • Netflixをかたるフィッシングについて注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • 2018年2月のIT総括