1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. パロアルトネットワークスが「ナイジェリア発ビジネスメール詐欺の台頭」日本語版を公開

パロアルトネットワークスが「ナイジェリア発ビジネスメール詐欺の台頭」日本語版を公開

パロアルトネットワークスが「ナイジェリア発ビジネスメール詐欺の台頭」日本語版を公開パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスの提供を行う「Unit 42」は、6月19日、「ナイジェリア発ビジネスメール詐欺の台頭」の日本語版を公開した。

これは、最新のビジネスメール詐欺動向などを解説した白書だ。3万を超えるマルウェアのサンプルを含むデータセットに対し、高度な分析を3年間にわたって実行。これにより、同社の顧客に対する約50万件の攻撃に関係していた300超の犯罪グループの存在が明らかになったという。

これによると、攻撃者は15個の商用マルウェアを利用し、ビジネスメール詐欺を行っており、その数は、昨年だけでも毎月平均で1万7,600件にのぼっている。この数は2016年から45%増加している。

また、攻撃者が使うツールについて、昨年は、より複雑なリモートアクセスツール(RAT)を使った攻撃がかなり増加し、被害はすべての業種に及んでいると言及している。

なお、FBIによると、全世界におけるビジネスメール詐欺の損害額は30億ドルを超えているということだ。

ナイジェリア発ビジネスメール詐欺の台頭(Palo Alto Networks)

日立ソリューションズのセキュリティソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

Palo Alto Networks Products

Palo Alto Networks Products

Palo Alto Networksの次世代ファイアウォールと次世代エンドポイントセキュリティで、企業・組織を標的型攻撃のリスクから防御します。

詳しく見る

関連キーワード:

パロアルトネットワークス

ビジネスメール詐欺

マルウェア

リモートアクセスツール

脅威インテリジェンス

  • 国内サイバー・セキュリティサービス市場規模は2022年度に4,100億円を突破
  • カテゴリートップへ
  • 電子証明書とは