1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IDCが国内クラウドセキュリティ市場予測を発表

IDCが国内クラウドセキュリティ市場予測を発表

IDCが国内クラウドセキュリティ市場予測を発表IT専門調査会社 IDC Japanは、11月1日、国内クラウドセキュリティ市場(パブリッククラウド環境へのセキュリティ対策製品市場)の予測を発表した。

これによると、国内クラウドセキュリティ市場は、2017年は前年比19.7%増の96億円で、2017年〜2022年の年間平均成長率は18.0%、市場規模は2022年には220億円に拡大すると予測される。

企業のデジタルトランスフォーメーションが進展することで、パブリッククラウドやモバイルデバイスの利用が拡大することにより、シングルサインオンやマルウェア対策への需要が引き続き高く市場を牽引すると考えられる。

また、いわゆる「シャドーIT」による情報漏洩リスクが高まることから、ユーザーの挙動分析やアプリケーションの稼働監視などを行うクラウドセキュリティゲートウェイソリューションに対するニーズが高まる。国内のクラウドセキュリティゲートウェイ市場の2017年〜2022年の年間平均成長率は37.2%と予測される。

IDCは、クラウドセキュリティゲートウェイソリューションを提供するサプライヤーに対し、国内のクラウドサービス事業者と協業し、クラウドアプリケーションとクラウドセキュリティゲートウェイとの連携を拡充していくべきだと述べている。

また、デジタルトランスフォーメーションの進展によって、データの価値が高まり、データ保護の重要性が高まることから、IDCはセキュリティ製品のサプライヤーに対し、データガバナンスの向上対策としてもクラウドセキュリティソリューションを訴求すべきだと言及している。

国内クラウドセキュリティ市場予測を発表(IDC Japan)
国内クラウドセキュリティ市場、2022年には220億円規模に--IDC Japan予測(ZDNet Japan)
国内クラウドセキュリティ市場、2022年には220億円へ成長〜IDC Japan予測(クラウド Watch)


日立ソリューションズの関連ソリューション

次世代CASB Bitglass

次世代CASB Bitglass

クラウドサービス利用時に懸念されるさまざまなセキュリティ脅威にリアルタイムで対応し、企業が利用する各種クラウドサービスに接続するデバイスの制御や、利用状況の可視化などを実現する次世代CASB製品です。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

クラウドセキュリティゲートウェイ

シャドーIT

シングルサインオン

パブリッククラウド

マルウェア

  • IoTセキュリティガイドラインとは
  • カテゴリートップへ
  • 国民生活センターが「偽セキュリティ警告画面」に注意喚起