1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. JASAが2019年のセキュリティ10大トレンドを発表

JASAが2019年のセキュリティ10大トレンドを発表

JASAが2019年のセキュリティ10大トレンドを発表1月7日、特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会(JASA)は、「監査人の警鐘 - 2019年 情報セキュリティ十大トレンド」を公開した。これは、同協会より認定を受けた情報セキュリティ監査人約1,700人を対象に実施したアンケートによって選ばれたもの。

第1位には「仮想通貨の盗難、詐欺の拡大」が前年のランク外からランクインした。また、第2位、第3位はそれぞれ「巧妙化する標的型攻撃による被害の甚大化」「家庭用IoT機器のセキュリティ不備によるプライバシー侵害の更なる拡大」がランクインする結果となった。

同協議会は、2019年のトレンドについて、被害の拡大や深刻化が指摘されていると言及した上で、「時代遅れとなりつつあるパスワード認証」(6位)、「問われるサイバーセキュリティ経営の責任体制」(9位)、「クラウドバイデフォルトの情報セキュリティ体系化」(10位)など、専門家の視点が反映された意見や、経営層へのメッセージなどがランク入りしたとコメントしている。

なお、10位までのランキングは以下のとおりとなっている。

1位:仮想通貨の盗難、詐欺の拡大
2位:巧妙化する標的型攻撃による被害の甚大化
3位:家庭用IoT機器のセキュリティ不備によるプライバシー侵害の更なる拡大
4位:ビジネスメール詐欺被害の更なる深刻化
5位:働き方改革の推進普及による新たな脅威の発生
6位:時代遅れとなりつつあるパスワード認証
7位:GDPRを乗り越えても残る諸外国のプライバシー規制リスク
8位:高度化するランサムウェアによる被害拡大
9位:問われるサイバーセキュリティ経営の責任体制
10位:クラウドバイデフォルトの情報セキュリティ体系化

監査人の警鐘 - 2019年 情報セキュリティ十大トレンド(JASA)

日立ソリューションズの関連ソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IoT機器

JASA

クラウドバイデフォルト

サイバーセキュリティ

パスワード認証

プライバシー侵害

ランサムウェア

仮想通貨

特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会

  • 特権IDとは
  • カテゴリートップへ
  • Google+のサービス終了に伴う情報セキュリティブログ公式Google+ページ終了のお知らせ