1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「情報セキュリティサービス基準」に適合したサービスが100件に到達

「情報セキュリティサービス基準」に適合したサービスが100件に到達

「情報セキュリティサービス基準」に適合したサービスが100件に到達特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会(JASA)は、4月8日、情報セキュリティサービス基準に適合するサービスが累計で100に達したと公表した。

情報セキュリティサービス基準は、2018年2月に経済産業省が発表したもので、情報セキュリティサービスが一定の品質を維持向上されていることを第三者が客観的に判断し、その結果を公開することで、利用者が調達時に参照できる仕組みのこと。

JASAでは、この基準に適合するサービスの審査を2018年6月より開始、四半期ごとに審査を行い、結果を公開してきた。

このほど、2019年3月の審査を経て10サービスが追加され、累計100サービスとなった。内訳は、情報セキュリティ監査サービスが22件、脆弱性診断サービスが37件、デジタルフォレンジックサービスが16件、セキュリティ監視・運用サービスが25件となっており、その中には当社サービスも含まれている。

昨今、サイバー攻撃は増加傾向にあり、セキュリティ対策は、セキュリティ製品の導入と併せ、セキュリティベンダーが提供する情報セキュリティサービスの利用を検討することが重要だ。

適合サービスの一覧は、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)に提供され、IPAが公開する情報セキュリティサービス基準適合サービスリストの原資料として活用される予定だ。JASAでは今後も四半期ごとの審査を継続し、順次登録サービスを拡充していくとしている。

・(PDF)情報セキュリティサービス基準適合サービス件数が 100 件に到達(JASA)

日立ソリューションズの関連ソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IPA

JASA

サイバー攻撃

セキュリティサービス

セキュリティベンダー

セキュリティ対策

デジタルフォレンジック

情報セキュリティ

情報処理推進機構

特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会

経済産業省