1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. アップルが「iOS 12.3」など複数の製品のアップデートを公開

アップルが「iOS 12.3」など複数の製品のアップデートを公開

アップルが「iOS 12.3」など複数の製品のアップデートを公開独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、5月14日、複数のアップル製品におけるセキュリティアップデートについて、脆弱性関連情報を提供するJVNを通じて公開した。

これによると、アップデートの対象となるのは、いずれも「iOS 12.3」「Safari 12.1.1」「Apple TV Software 7.3」「tvOS 12.3」「watchOS 5.2.1」「macOS X 10.14.5 (Mojave)」より前のバージョンと「macOS X 10.13 (High Sierra) Security Update 2019-003 未適用」「macOS X 10.12 (Sierra) Security Update 2019-003 未適用」だ。

JVNによると、想定される影響は各脆弱性によって異なるものの、アクセス制限不備、権限昇格、サービス運用妨害 (DoS)、サンドボックス回避、情報改竄、情報漏洩、任意のコード実行などを引き起こす可能性がある。

対象となるユーザーは、アップル社が提供する情報をもとに早急に最新版にアップデートすることが推奨される。

複数の Apple 製品における脆弱性に対するアップデート(JVNVU#93988385)
・(英文)About the security content of iOS 12.3(Apple サポート)
・(英文)About the security content of Safari 12.1.1(Apple サポート)
・(英文)About the security content of Apple TV Software 7.3(Apple サポート)
・(英文)About the security content of tvOS 12.3(Apple サポート)
・(英文)About the security content of watchOS 5.2.1(Apple サポート)
・(英文)About the security content of macOS Mojave 10.14.5, Security Update 2019-003 High Sierra, Security Update 2019-003 Sierra(Apple サポート)

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

Apple

DoS

iOS

IPA

JVN

macOS X

Safari

アクセス制限

アップデート

アップル

サンドボックス

セキュリティアップデート

情報処理推進機構

情報漏洩

脆弱性

脆弱性関連情報