1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 携帯電話からパソコンにウイルスが感染!?

携帯電話からパソコンにウイルスが感染!?

米国で「スマートフォン」からパソコンに感染する「トロイの木馬」ウイルスが発見されたというニュースです。携帯電話とパソコンという、異なる2つの端末(デバイス)間を横断した事例として注目されています。

・携帯電話からPCに感染するウイルスが出現(CNET Japan)


このウイルスは「Cardtrap.A」と呼ばれ、携帯電話用のOS、「Symbian」を攻撃対象とするもの。「Symbian OS」は、英Symbian社が開発したOSで、「スマートフォン」に搭載されているものです。電話端末のメモリーカードを媒介にし、当該メモリーカードが挿入されたパソコンに対して感染を試みます。

記事によると、

・ユーザーがファイルをクリックするなどしない限り、ウイルスが自動的にメモリーカードからパソコンに移動して起動することが不可能な点
・ウイルスが古いバージョンのWindowsでしか動作しない(Windows XPでは動作不能な)点

から、今のところ危険度は低いと指摘しています。しかし、携帯電話のみならず、パソコンと同期させるPDAや、パソコンと接続して音楽ファイルをコピーする携帯音楽プレーヤーなど、携帯デバイスがパソコンと「接続する」機会が増えれば増えるほど、今後、携帯デバイスをめぐるセキュリティ問題は、深刻さを増すことは明白でしょう。

なお、記事によれば、携帯デバイスに関連する悪質なソフトウエアの数は急速に増加しており、わずか14ヵ月の間に「Cabir」(カビール)をはじめ、83もの異なるウイルスが見つかっているそうです。今後の続報に注目したいと思います。

関連キーワード:

Cardtrap.A

Symbian

スマートフォン

トロイの木馬

携帯電話 ウイルス

携帯電話からパソコン