1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 増加するネット詐欺−シマンテックが調査結果発表−

増加するネット詐欺−シマンテックが調査結果発表−

シマンテックが、ネット利用歴が3年以上の男女1000人を対象に行ったインターネット詐欺の調査結果が12月13日、発表されました。これによると、コンピューターに不具合を生じさせるような攻撃から、個人の金銭的財産を狙う攻撃が増加していることが分かりました。

「ソフトだけでは守れない」、シマンテックがネット詐欺で調査(IT Pro)

記事によると、こうした詐欺の多くは人間の心理を突くような手口が増えており、なかなかセキュリティ対策ソフトだけでは防ぐことが難しいと指摘します。

 インターネット詐欺の多くは、スパイウエアやフィッシング・メールを利用する。シマンテックなどが提供するセキュリティ対策製品は、スパイウエアなどを検知はできる。しかしユーザーが個人情報を求めるメールに返信したり、使用許諾契約でスパイウエアのインストールに同意したりするところまで見抜くことはできない。また、OSやアプリケーションを最新版にアップデートしていない場合に、未知の悪意あるプログラムやスパイウエアを防ぐのも不可能だ。

今回の調査では、回答者の84.7%がネット・ショッピングやオンラインの予約サービスを利用したことがあり、ネット・バンキングやオンライン株取引も66.9%の人が利用していると回答。一方で、不正に個人情報を聞き出そうとするメールを受信したことのある人が20.4%に上ったほか、詐欺目的のWebサイトへアクセスした経験のある人も12.6%と1年前の調査から倍増しています。

これに対し、防御手段として、銀行の預金明細やクレジットカードの利用明細を確認するなどを挙げた人が7割にのぼります。

オンライン上の詐欺から身も守るためには、セキュリティ対策ソフトの導入や、OSのセキュリティ修正パッチの適用という基本的な対策に加え、

・メールで個人情報を聞かれても本文に書いて送信しない
・身元の不明なソフトウエアを利用しない
・不審なメールは開封しない、添付ファイルは実行しない
・不明なリンク先URLはクリックしない

といったことを励行していくことが大事です。