ランサムウエア(ransomware)とは

「ランサム(ransom)」とは、身代金の意味の英単語で、感染するとユーザーに身代金を支払うように要求するクライムウエアのことを、「ランサムウエア」という。

代表的なものとして、「Cryzip」というウイルスがある。感染すると、パソコンの中にあるファイルをパスワード付ZIP形式で圧縮し、解凍するためのパスワードが知りたければ金を支払うよう脅迫するテキストファイルを残すというものだ。

こうした犯罪目的のプログラムは、一見すると有益なソフトウエアであるように信じ込ませ、ユーザーに開かせる傾向があるため、基本的な対策は、怪しいと感じたファイル、出所不明のソフトウエアは開かないということにある。


日立ソリューションズのセキュリティソリューション

情報漏洩防止ソリューション 秘文

情報漏洩防止ソリューション 秘文

ランサムウェアに感染しても機密データやマスターブートレコードにアクセスさせないという方法でデータの窃取や破壊を防止します。

詳しく見る

CylancePROTECT

CylancePROTECT

AI(人工知能)技術のひとつである機械学習を利用したパターンファイルを必要としない方式で、既知、未知問わずにマルウェアを検知する次世代マルウェア対策製品です。

詳しく見る

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

ransomware

ランサムウエア

  • ID窃盗目的のウイルス?偽のライセンス認証画面を表示?
  • カテゴリートップへ
  • 暗号化技術でウイルスが高度化する!?