JVNとは

JVN(ジェイブイエヌ)は日本で使用されているソフトウェアなどの脆弱性関連情報と対策情報を提供するポータルサイトのこと。一般に公表される前のソフトウェア製品における脆弱性に関する情報を適切に取り扱うための枠組み「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ」に基づき、2004年7月より独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)と有限責任中間法人 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)によって共同で運営されている。

なお、JVNは「Japan Vulnerability Notes」の略。

コンピューターシステムに対する不正アクセスやウイルス感染などの被害を抑制するため、攻撃に悪用されることの多い、ソフトウェアなどの脆弱性情報の共有は重要なテーマとなっている。

そこで、国内のユーザー向けにさまざまな脆弱性関連情報を収集し、回避策や対策情報などを製品開発者と調整、準備した上でわかりやすく掲載することを目的としてJVNが開設された。

掲載される情報は、脆弱性が確認された製品やバージョン、脆弱性の詳細や分析結果、あるいは製品開発者による対策や関連情報へのリンクなどで構成されており、脆弱性に対する情報収集を行う上で欠かすことのできない情報源の一つとなっている。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

IPA

JVN

脆弱性