FIDOアライアンスとは

FIDO(ファイド)アライアンスとは、生体認証等の技術仕様を策定する国際標準化団体。FIDOとは「Fast Identity Online:高速なオンラインID認証」を意味し、FIDOアライアンスは、IDとパスワードに依存しているユーザー認証の課題を解決し、セキュリティと利便性の両立をめざすために2012年7月に設立されたグローバルな非営利団体だ。

FIDOアライアンスの目的は、オープンで拡張性と相互運用性のある「FIDO認証」を標準化することにある。FIDOが提唱する認証規格には大きく2つある。1つめは、「UAF(Universal Authentication Framework)」で、これは、FIDO標準に準拠した生体認証デバイスを用いる。ユーザーはデバイスに生体情報などを登録し、利用するオンラインサービスにそのデバイスを登録することで、デバイスでの認証でログインを可能にする。

もう1つは、「U2F(Universal Second Factor)」で、これは、FIDO標準に準拠したデバイスを用いた2要素認証の仕組みだ。FIDOアライアンスは、これらの技術仕様の標準化を進め、協賛企業は公開された技術仕様に基づき、ソフトウェアを開発、提供する。

このほかにも、国際的な決済規格標準化団体である「EMVCo」と共同で、ICカード決済仕様「EMV」に準拠したモバイル決済の普及にも取り組んでいる。モバイル端末の生体認証などの仕組みを利用したシンプルで堅牢な認証を提供することで、カード利用者に優れた決済体験を提供するとともに、カード詐欺被害の軽減をめざす。

FIDOアライアンスは、セキュリティデバイスやブラウザプラグインのための新しい標準規格によって、2016年末までに200種類を超えるソリューションを認定し、相互運用可能な認証を提供する世界最大級のエコシステムを確立している。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

2要素認証

EMV

EMVCo

FIDOアライアンス

FIDO認証

U2F

UAF

モバイル決済

生体認証

  • 「セゾンNetアンサー」をかたるフィッシングに注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • IPAが「偽口座への送金を促す"ビジネスメール詐欺"の手口(続報)」を発表