1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティ用語解説
  3. 一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会とは

一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会とは

一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会とは、IoT機器やサービスを安心・安全に利活用できるようなセキュリティ基盤のデファクトスタンダード(業界標準)構築を目的とした業界団体のこと。

国内ITベンダー、セキュリティベンダー、クラウドサービス事業社など、25の企業・団体の参加のもと、2017年4月3日に発足した。

2020年までに500億台以上の「モノ」がネットワークに接続されるといわれる中で、セキュリティ標準や実装に関するガイドラインの策定は急務だ。そこで、IoTに関連する団体・協議会とも連携し、IoTに関する「日本発」の次世代セキュリティ標準の策定、および、アジア、欧米への連携、普及をめざす。

具体的には、IoT機器の製造からサービス提供に至るセキュリティの実装について、認証や暗号化、プライバシー保護やなりすまし排除、改ざん防止などに関する統合された規格を利用できるようにする。これにより、各社各様で課題に対応するのではなく、全体の整合性を保ちつつ、機器やサービスの開発工数を低減し、事業のスピード化にも寄与することができる。

具体的な活動内容は、IoTセキュリティガイドラインの標準化・デファクト化に向けた、(1)オープンイノベーション環境でのIoTプラットフォームの研究・開発、(2)高品質かつ定期的な情報発信を柱とする。

そして、IoT機器利用者が、安心・安全にIoT機器やサービスを利活用できるよう、レイヤーごとに実装ガイドを提供、全世界標準のセキュリティ基盤の構築を進めていくとしている。

一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

IoT

IoTプラットフォーム

IoT機器

デファクトスタンダード

  • IPAが「SSL/TLS暗号設定ガイドライン」を公開
  • カテゴリートップへ
  • メールの暗号化規格「OpenPGP」「S/MIME」に「EFAIL」と呼ばれる脆弱性が発見される