S/MIMEとは

S/MIME(Secure / Multipurpose Internet Mail Extensions:エスマイム)とは、電子メールの送受信の安全性を高める暗号化技術のひとつで、多くのメールソフトが対応するなど広く普及している標準規格のこと。

公開鍵暗号方式を用い、電子証明書によるメールの暗号化と電子署名を行うことができる。これにより、通信途上におけるメールの「盗聴」や、メール送信者の「なりすまし」、メールの内容の「改ざん」といったリスクを防ぐことができる。

たとえば、暗号化されたメールは、たとえ通信途上で盗み見られても第三者には内容を解読することができないため、情報漏洩を防ぐ効果が期待できる。また、メールに電子署名を行うことで、送信者が正規であることを証明することができる。これにより、メール送信者を偽装し、信用ある会社やブランド等を装ったメールを送り、IDやパスワードなどの認証情報や、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号といった個人情報を詐取するフィッシングや、悪意ある第三者が本人になりすましたメールを送り、添付ファイルを開いてウイルスに感染させようとするようなリスクに備えることもできる。

S/MIMEを利用するには、送信者と受信者双方のメールソフトがS/MIMEに対応している必要がある。

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

S/MIME

フィッシング

公開鍵暗号方式

電子メール

電子証明書

  • 7月もAppleやAmazonをかたるフィッシングメールが大量に確認される
  • カテゴリートップへ
  • MUFGカードをかたるフィッシングに注意を呼びかけ