このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットには危険がいっぱい 初心者のためのセキュリティ対策

ウィルス対策ソフトを正しく使おう

ウィルス対策ソフトは、悪意のあるプログラムをコンピュータ上で実行させないようにし、ウィルス感染を防止します。

初期のものは単にパソコン上のファイルを検査するだけでしたが、ネットからの攻撃が高度に進化したため、それだけではウィルス感染を防止することが難しくなってきました。

そこでウィルス対策ソフト会社は、危険なサイトをブロックしたり、迷惑メールをフィルタしたりと、安全にネットを使うために必要な機能を次々へと製品に追加しました。
今では、ウィルス対策以外でも便利な統合的なセキュリティツールです。

ライセンスの更新は必要

ウィルス対策ソフトは、定期的にライセンスを更新する必要があります。
使用期限が切れたウィルス対策ソフトは最新の攻撃の前には無力なのです。
使用期限は切らさないようにしましょう。

年に1回、バージョンアップ

ウィルス対策ソフトは秋頃に大きなバージョンアップされるものが多いです。

速度改善、検知率向上など色々と改善されているので、バージョンアップすることがおすすめです。

なお、だいたいのソフトはバージョンアップが無償となっています。

ウイルス対策ソフトは必要ない?

ウィルス対策ソフトは重くなるので必要ないという人がいるようです。
しかし、ウィルスに感染し、被害が発生した後では取り返しがつきません。
重くなるのが嫌なら、高性能なパソコンに買い変えてしまうのも手でしょう。

商用ソフトに比べると見劣りする場合もありますが、Microsoft Security Essentialなど無償で利用できるものもあります。絶対にウィルス対策ソフトはインストールしてください。

ウイルス対策ソフトがあれば安全?

残念ながら、完璧なセキュリティはどこにもありません。
ウィルス作成者も検知されないように工夫をこらしているため、検知できないウィルスもいるようです。
むやみにファイルを実行することは厳禁です。

また、セキュリティホールがあれば、ウィルスに感染を許すことになる場合もあります。

ウィルス対策はセキュリティホール対策と合わせて、車の両輪のようなもの。
ネットを安全に使う上でなくてはならないものなのです。
他の項目で説明しているセキュリティ対策もあわせて実施してみてください。

ページ目次