日立ソリューションズ 情報セキュリティブログは、2020年5月31日(日)をもちまして閉鎖をさせていただきます。
今まで長きに渡り当サイトをご利用いただきまして、
誠にありがとうございました。

JASAが2020年のセキュリティ十大トレンドを発表

JASAが2020年のセキュリティ十大トレンドを発表1月6日、特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会(JASA)は、「監査人の警鐘 - 2020年 情報セキュリティ十大トレンド」を公開した。これは、同協会より認定を受けた情報セキュリティ監査人約1,800人を対象に実施したアンケートによって選ばれたものだ。

第1位には「自然災害によるIT被害の拡大」が前年のランク外からランクインした。これは、地球温暖化をはじめとする環境変化による災害などにより、情報システムへの影響が拡大することへの懸念を示したもの。

また、第2位、第3位はそれぞれ「クラウド・バイ・デフォルト時代の新しい安全性評価制度の開始」「クラウドサービスの障害による大規模なビジネス影響」がランクインした。政府主導で進むクラウドの活用や、一般化するクラウド利用における潜在的なリスクなど、ビジネスにおけるクラウド活用が進み、その対策に注目が集まる結果となった。

同協議会は、2020年のトレンドについて、「DX化の進展によりさらに加速するセキュリティ人材不足」「働き方改革の推進普及による新たな脅威の発生」など、新たなビジネス活動の変化に伴うトピックスが散見されたとコメントした。また、「サプライチェーンの透明化で求められるセキュリティ対策の強化」「安易なアジャイル開発によるぜい弱なシステムの氾濫」など、IoTをはじめとする新たなセキュリティリスクに関するトピックスがランク入りしたと言及している。

なお、10位までのランキングは以下のとおりとなっている。

1位:自然災害によるIT被害の拡大
2位:クラウド・バイ・デフォルト時代の新しい安全性評価制度の開始
3位:クラウドサービスの障害による大規模なビジネス影響
4位:DX化の進展によりさらに加速するセキュリティ人材不足
5位:働き方改革の推進普及による新たな脅威の発生
6位:プライバシー保護の国際標準化に乗り遅れる日本企業
7位:サプライチェーンの透明化で求められるセキュリティ対策の強化
8位:標的型ランサムウェアで倒産危機? システム全てが人質に
9位:クラウドサービスの管理・設定ミスによる情報漏洩
10位:安易なアジャイル開発によるぜい弱なシステムの氾濫

監査人の警鐘 - 2020年 情報セキュリティ十大トレンド(JASA)

日立ソリューションズの関連ソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

DX化

IoT

JASA

アジャイル開発

クラウド

サプライチェーン

セキュリティリスク

セキュリティ対策

プライバシー保護

ランサムウェア

人材不足

働き方改革

安全性評価制度

日本セキュリティ監査協会

環境変化

セキュリティニュース 人気ランキング

セキュリティ用語 人気ランキング