1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティかるた
  3. 【と】 通さない アンチスパムで 迷惑遮断

【と】 通さない アンチスパムで 迷惑遮断

通さない アンチスパムで 迷惑遮断

【と】 通さない アンチスパムで 迷惑遮断

Eメールを媒介にしたセキュリティ上の脅威としては、相手の許可なく営利目的のメールを無差別的に大量送信するスパムメールや、Eメールに添付される形で次々に感染していくコンピューターウイルスなどが代表的である。

こうした不正行為から身を守るためには、基本的には心当たりのない差出人からのメールや、身に覚えのない内容の不審なメールは開封しないということが大事である。しかし、こうした不正行為は、手軽で便利であるメールの特性を悪用しているがゆえに、当然ながら数が膨大であり、一つ一つ受信者側で必要か不必要かを吟味するのは、甚だ非効率であると言わざるを得ない。

そこで、サーバー上を通過するメールを決められたルールに基づいて検査し、不必要なメールが受信者に届かないようにサーバーから排除してくれるのが、アンチスパムである。

通常は、メールフィルタリングやウイルス対策などと統合されたセキュリティ製品として提供されることもある。また、Webメールなどの機能を提供するポータルサイトなどでは、利用者向けにメールサーバーの迷惑メール遮断機能を実装しているケースもある。

このように、アンチスパムは迷惑メール対策としては最も基本的なものの一つであると言うことができる。