1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティかるた
  3. 【ね】 ネットワーク 止めない構成 冗長化

【ね】 ネットワーク 止めない構成 冗長化

ネットワーク 止めない構成 冗長化
【ね】 ネットワーク 止めない構成 冗長化

ITにおける冗長化とは、最低限必要な量より多めに設備を用意しておき、一部の設備が故障してもサービスを継続して提供できるようにシステムを構築することを言う。

冗長化には、Webサーバーを複数台用意しておき、不測の事態に備えるという「サーバーの冗長化」や、インターネット回線を複数用意してネットワークのダウンに備える「ネットワークの冗長化」、データのバックアップ時の有事に備えるためストレージを複数用意する「ストレージの冗長化」など、様々な種類がある。

冗長化が行われているシステムは、複数の設備がほぼ同時に故障しない限りサービスが停止しないため、冗長化しない場合に比べてサービス停止率が大幅に下がるというメリットがある。

もちろん、冗長化には必要な設備が増えることのコスト増というデメリットも伴うが、企業の基幹システムや、金融システムなど、「止めてはいけない」、つまり、停止に伴う影響が大きいシステムでは、安定してサービスを提供するために、ごく一般的に冗長化構成が採用されている。

関連キーワード:

ネットワーク

冗長化