1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 特権ID管理市場は2022年度には66億円規模との予測

特権ID管理市場は2022年度には66億円規模との予測

特権ID管理市場は2022年度には66億円規模との予測IT市場調査を手がけるアイ・ティ・アール(ITR)は、11月20日、国内の特権ID管理市場規模推移および予測を発表した。これによると、国内の特権ID管理市場の2017年度の売上金額は48億4,000万円で、前年度比10.0%の成長となった。

Administratorやrootなどの特権IDは、システム上で特別な権限が付与されたアカウントのこと。近年、特権IDの不正使用や、外部から特権IDを狙ったサイバー攻撃が仕掛けられることで、情報漏洩などの被害が多発している。

企業にとって、特権IDの適正な管理は、重要な課題となっているが、その有効な対策として同製品への需要が高まっており、2018年度以降も引き続き同様の伸びが見込まれている。2017年度から2022年度の年平均成長率(CAGR)6.3%、2022年度には66億円規模にまで成長するとの予測だ。

これについて、ITRでは「今後、システムのクラウド化が進むことで、社内のみならず社外からも特権IDに不正アクセスされるケースが増大すると予測され、特権IDの管理がさらに重要になると考えられる」と言及している。

ITRが特権ID管理市場規模推移および予測を発表(ITR)

日立ソリューションズのセキュリティソリューション

統合認証・アクセス管理ソリューション

統合認証・アクセス管理ソリューション

ID・アクセス権管理の一元化からユーザ認証強化まで対応するワンストップのソリューション。これまでのオンプレミスな環境に加え、クラウド・モバイル環境に対する統合認証基盤の適用により高いユーザビリティを兼ね備えたソリューションを提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

ITR

アイ・ティ・アール

クラウド化

不正アクセス

特権ID

  • 「Apple IDが凍結された」というフィッシングメールに注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • マカフィーが米国のクリスマスシーズンにおけるセキュリティリスクに関する調査結果を発表