1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAが「年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起」を発表

IPAが「年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起」を発表

IPAが「年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起」を発表独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、12月20日、「年末年始における注意喚起」を公開した。これは、(1)組織のシステム管理者、(2)組織の利用者、(3)家庭の利用者向けに、年末年始の長期休暇前後の対策や対応、長期休暇中に気をつけるべきセキュリティのポイントを示したものだ。

このうち、組織のシステム管理者向けには、長期休暇前に行う予防策として「緊急連絡体制の確認」や「連絡先の確認」「使用しない機器の電源オフ」といったポイントを挙げている。そして、長期休暇明けには「修正プログラムの適用」「定義ファイルの更新」「サーバなどにおける各種ログの確認」といった対応を行うよう呼びかけている。

また、組織の利用者向けには、長期休暇前の対策として「機器やデータの持ち出しルールの確認と遵守」「社内ネットワークへの機器接続ルールの確認と遵守」「使用しない機器の電源オフ」といったポイントを、そして、長期休暇中には、持ち出し機器やデータの厳重な管理を行い、長期休暇明けには「修正プログラムの適用」「定義ファイルの更新」「持ち出し機器のウイルスチェック」「不審なメールに注意」といった対応を行うよう呼びかけている。

長期休暇の時期は、「システム管理者が長期間不在になる」など、いつもとは違う状況になりやすい。ウイルス感染や不正アクセスなどの被害が発生した場合に、対応が遅れることなどが考えられるため、長期休暇前に改めてセキュリティの予防策や事後対応について見直しておくことが推奨される。

年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起(IPA)
長期休暇における情報セキュリティ対策(IPA)

日立ソリューションズの関連ソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IPA

ウイルスチェック

セキュリティ

修正プログラム

定義ファイル

注意喚起

  • ウェブルートが6つのポイントからなる「2019年脅威動向予測」を発表
  • カテゴリートップへ
  • クリプトジャッキングとは