1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 2月は報告件数増加、同じ件名、メール文面のフィッシングメールが大量配信される

2月は報告件数増加、同じ件名、メール文面のフィッシングメールが大量配信される

2月は報告件数増加、同じ件名、メール文面のフィッシングメールが大量配信される3月3日、フィッシング対策協議会は、2020年2月の月次報告書を公開した。

これによると、フィッシング報告件数は7,630件となり、前月(6,653件)より977件増加した。また、フィッシングサイトのURL件数は3,046件で、こちらも前月より680件の増加。そして、フィッシングに悪用されたブランド件数は63件で、前月から5件増加している。

2月は、Amazon、Apple、LINE、楽天をかたるフィッシングが、同じ件名、メール文面で繰り返し大量配信されている。また、クレジットカードブランドや大手銀行をかたるフィッシングも多くの報告が寄せられた。

そして、URL件数が増加した理由については、同じ件名や文面であっても、誘導先のサイトのURLが異なっているケースがあるためだとしている。前月同様、短時間で誘導先のURLを次々と変えるフィッシングの報告が増えている点が挙げられる。

そのほかには、今月も「年間ビジターアンケート」といった名目で、スマートフォンなどが当選したと誤認させ、個人情報やクレジットカード情報などを詐取しようとする手口が引き続き確認されている。盗まれた情報が悪用されると、意図せず月額料金が課金される有料サービスに契約されるなどの可能性があるという。

同協議会では、ログインを促すような文面のメール、SMSを受信した場合は、メールに記載されたURLを安易にクリックせず、ブックマークした正規のURLからアクセスするよう注意している。そして、クレジットカード情報や携帯電話番号、認証コード、口座情報、ワンタイムパスワードなどの入力を要求された場合は、入力する前に一度、立ち止まって考えることを呼びかけている。

そして、フィッシングかどうかの判断に迷うメールや、不審なメールを受け取った場合は、各サービス事業者の問合せ窓口や同協議会まで連絡するよう呼びかけている。

2020/02 フィッシング報告状況(フィッシング対策協議会)
あなたのパスワードが狙われている!フィッシングの被害を防ぐための4つのポイント(今すぐ見直したいセキュリティ対策)
「人の脆弱性」が悪用される! メール等の安全な取扱いのポイントについて聞いてみた(辻 伸弘のセキュリティ防衛隊)

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

Amazon

Apple

LINE

SMS

クレジットカード

スマートフォン

フィッシング

フィッシング対策協議会

個人情報

楽天

脆弱性

詐取