CRYPTRECとは

CRYPTREC(クリプトレック)とは、電子政府において推奨される暗号の安全性を評価・監視し、暗号化技術の適切な実装法や運用法を評価、検討するプロジェクトのこと。「Cryptography Research and Evaluation Committees」の略で、プロジェクトは2000年に活動を開始した。

総務省や経済産業省、国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が共同で運営しており、暗号の安全性に関する情報を提供することを目的に、電子政府推奨暗号リストの策定などを行う。

主な活動内容は、いわゆる「CRYPTREC暗号リスト」の策定だ。

これは、電子政府での利用が推奨される暗号方式のリストで、2003年に「電子政府における調達のための推奨すべき暗号のリスト」として初版が発表され、2013年3月には「電子政府における調達のために推奨すべき暗号リスト(CRYPTREC暗号リスト)」として改定した。同リストは、「電子政府推奨暗号リスト」「推奨候補暗号リスト」「運用監視暗号リスト」の3種類で構成されている。

そのほかにも、暗号化技術の安全性の監視やさまざまな調査、適切な利用方法に関する資料作成などを行い、安全なIT社会の実現をめざしている。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

IPA

NICT

情報処理推進機構

暗号

暗号化技術

経済産業省

総務省