サイバーセキュリティ月間とは

サイバーセキュリティ月間とは、政府が実施するサイバーセキュリティに関する普及啓発活動のこと。毎年2月1日から3月18日までの間、産学官民が連携してさまざまな活動が実施されている。

サイバーセキュリティ月間は、2009年度に定められた「情報セキュリティ月間」がルーツとなる。2006年には毎年2月2日が「情報セキュリティの日」として定められており、さらに2010年からは毎年2月が「情報セキュリティ月間」となり、期間中、情報セキュリティに関するさまざまな行事が集中的に開催されてきた。

その後、2014年からは毎年2月の最初の平日を「サイバーセキュリティの日」として新設。これに伴い、2月2日の「情報セキュリティの日」は廃止された。さらに、翌2015年に「情報セキュリティ月間」は、現在の「サイバーセキュリティ月間」に改称され、期間も2月1日から3月18日までとなった(これに伴い「サイバーセキュリティの日」は廃止となった)。

不審なメールによるウイルス感染や情報漏洩、あるいは個人情報の流出など、サイバーセキュリティの脅威はますます高まるばかりだ。こうした普及啓発活動を通じ、ユーザー一人ひとりがサイバーセキュリティに対する関心を高め、対応していくことが求められる。

「サイバーセキュリティ月間」の取り組み内容は、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の特設サイトで詳細が紹介されている(→特設サイトはこちら)。

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

ウイルス

サイバーセキュリティ月間

情報セキュリティ

情報セキュリティの日

情報漏洩