耐タンパー性とは

耐タンパー性とは、プログラムなどの内部の情報を外部から読み取りにくくする能力のこと。タンパー(tamper)は、「許可なく変更する、改ざんする」などの意味の単語だ。

物理的あるいは論理的に内部の情報を読み取られにくくする能力のことで、プログラム内部のデータ流通アルゴリズムを複雑にすることや、プログラム自体を暗号化して機密性を上げる方法などがある。

ソフトウェアやハードウェアは、さまざまな機密情報を取り扱うため、リバースエンジニアリングなどにより、製造方法や動作仕様、設計図、ソースコードなどの内部構造が明らかにされないよう、防護策を講じる必要がある。

耐タンパー性は、非正規な手段による内部データの読み取りを防ぐ暗号モジュールの強度レベルを判定する重要な指標の一つとして用いられることがある。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

機密性

機密情報