1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. K子のちょっとセキュアな日常
  3. K子のちょっとセキュアな日常 Vol.05 スマホの盗難、紛失にご用心

K子のちょっとセキュアな日常 Vol.05 スマホの盗難、紛失にご用心

K子のちょっとセキュアな日常。オフィスで気をつけるセキュリティのポイントを解説

K子のちょっとセキュアな日常4コマ

K子のちょっとセキュアな日常4コマ
クリックで拡大

個人情報が満載のスマートフォン。万一の盗難、紛失に備えた対策を

こんにちは。そろそろ祝日が恋しいK子です。

この間、カバンを替えた日にうっかり中身のスマートフォンを移すのを忘れて会社に来てしまったんです。なくしたと思って大騒ぎでした。グスン...。

持ち歩いて使うことが前提のスマートフォンは、パソコンに比べて紛失や盗難のリスクが高くなります。電話帳に登録された連絡先やSNSの利用データ等、多くの個人情報が記録されているため、こうした情報が漏えいしないよう、万一に備えた対策を実施しましょう。

端末のセキュリティ対策は、まずはパスコードによるロックの設定です。機種によっては、パスコードの桁数を増やすことが可能ですので、確認してみてください。さらに、パスコードによるロック解除を一定回数失敗した場合に、自動的にリセットがかかり、内部の情報をすべて消去するように設定できる機種もあるので、こうした機能を利用するのも一つの方法です。

また、万一の盗難や紛失に備え、GPSを利用してスマートフォンの現在地を探したり、遠隔操作でスマートフォンをロックしたり、中の情報をすべて消去したりできるアプリやサービスがあります。さらに、見落としがちなポイントとして、端末内の情報だけでなく記憶媒体(SDカード等)や本体に内蔵されているSIMカードの盗難、紛失にも注意が必要です。

スマートフォン向けのセキュリティソフトには、本体操作のロックや、SIMカードが差し替えられたときの登録アドレス宛への自動メールの送信、データのバックアップや遠隔操作によるデータ消去などの機能を備えたものがありますので、導入することでセキュリティを高めることができます。

今回は、自宅に置き忘れたことがすぐわかったので事なきを得ましたが、もし、どこになくしたかわからなかったらと思うとゾッとします。個人情報を携帯する緊張感を忘れないようにしなければ。日々精進です。

K子のちょっとセキュアな日常。バックナンバー!!
オフィスで気をつけるセキュリティのポイントを解説
K子のさらにセキュアな日常。バックナンバーはこちら
帰ってきたK子シリーズ。さらにセキュアな話題を紹介します。
新入社員YO介のどうする?セキュリティ。バックナンバーはこちら
こんなときどうする?!K子の後輩YO介と学ぶビギナー向けセキュリティ劇場
U子のセキュリティはじめまして!バックナンバーはこちら
意外と知らない?!日常生活のセキュリティ講座
関連キーワード:

スマートフォン

  • ディープ・パケット・インスペクション(Deep Packet Inspection)とは
  • カテゴリートップへ
  • Androidを標的とした不正アプリに注意喚起