1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. Facebookを安全に使うためのセキュリティ対策
  3. 第3回 投稿の「位置情報」から思わぬプライバシー漏えいをしないために
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをBuzzurlに登録 Buzzurlブックマーク数 Google+

こんな危険があったのか!Facebookを安全に使うためのセキュリティ対策

第3回 投稿の「位置情報」から思わぬプライバシー漏えいをしないために(1/2)

第3回 投稿の「位置情報」から思わぬプライバシー漏えいをしないために

タイムラインへの投稿内容からあなたの住所や勤務先が第三者から特定可能に

Facebookには、「チェックイン」と呼ばれる、投稿内容に自分のいる場所(投稿場所)を含め、友達と共有することができる便利な機能があります。位置情報を取得、登録するには、大きく分けて、スマートフォンとパソコンの2つの方法があります。

1つ目は、スマートフォンのGPS機能を使って位置情報を取得する方法です。スマホからFacebookに位置情報を付与するには「チェックイン」タブをタップして提示されたスポット情報の一覧から位置情報を選択するか、「近況」タブをタップし、投稿画面下のピンマーク(位置情報のマーク)をタップし、提示された位置情報を選択します。

2つ目は、パソコンのIPアドレスから位置情報を取得する方法です。自宅等のパソコンでインターネットを利用する場合は、各通信事業者から「インターネット上の住所」にあたるIPアドレスが付与されます。このIPアドレスから、現実社会の所在地を大まかに把握できるのです。ですから、パソコンからFacebookに投稿すると、IPアドレスに基づいた大まかな位置情報を付与することができます。具体的には、近況アップデートの投稿画面下に位置情報を示すピンマークがあります。これをクリックすると位置情報が提示されます。

近況アップデート画面のキャプチャ1

近況アップデート画面のキャプチャ2

近況アップデート画面のキャプチャ3

近況アップデート画面のキャプチャ4

近況アップデート画面のキャプチャ5

投稿の際、そうした位置情報を含めたくない場合は、位置情報を削除する必要があります。これを忘れると、投稿を閲覧した人に、住所や勤務先などのプライバシー情報が特定されるおそれがあります。位置情報を削除するには、投稿画面下にあるピンのマークのタブに表示された位置情報を削除([x]をクリックまたはタップ)します。

近況アップデート画面のキャプチャ6

また、過去に登録した位置情報を確認するには、ログインした最初に表示されるホームページを開き、自分の名前をクリックします。「その他」→「スポット」で地図が表示されるので、そこに表示された位置情報を示すピンマークや、数字の入った赤い丸をクリックすると、これまであなたが投稿した位置情報が確認できます。

この位置情報があなたの知らない第三者から閲覧可能になっている場合は注意が必要です。Facebookのプロフィールに住所や勤務先を書いていない場合でも、この位置情報から住所や勤務先を特定されるおそれがあります。さらに、あなたの配偶者やお子さんが位置情報を登録(公開)している場合、情報が悪用され、ストーカー等の犯罪に巻き込まれる危険性もあります。このように、位置情報の取扱いには、くれぐれも注意が必要です。もし、登録している位置情報を第三者が閲覧可能な状態に設定している場合は、プライバシー設定を変更して、閲覧できる人を制限したり、投稿内容を削除したりするなどの対応が必要です。

関連キーワード:
35
参考になったらボタンを押してね
Facebookを安全に使うためのセキュリティ対策の記事一覧

監修者プロフィール

監修者プロフィール

守屋 英一(もりや・えいいち)

シニアセキュリティアナリスト

2001年、インターネットセキュリティシステムズ(ISS)入社。セキュリティオペレーションセンター(SOC)におけるセキュリティエンジニアを経て、2007年に日本IBM株式会社入社。2012年からIBM CSIRTを担当。社外活動として、日本シーサート協議会運営委員などを務める傍ら、2012年6月、エンドユーザー視点でソーシャルメディアのセキュリティリスクについて解説した『フェイスブックが危ない』を上梓するなど活発な情報発信を続ける。