IoT機器からのサイバー攻撃、7月は約2万IPアドレスから不正侵入を観測

IoT機器からのサイバー攻撃、7月は約2万IPアドレスから不正侵入を観測横浜国立大学とソフトバンクグループのBBソフトサービスは、8月28日、「7月度IoTサイバー脅威分析リポート」を公開した。これは、両者の共同研究プロジェクトであるIoT機器を狙ったサイバー攻撃の観測状況を月次で報告するものだ。

これによると、7月は継続的にIoT機器への攻撃が行われ、1日あたり約3.1万IPアドレスからのアクセスが観測された。この中には研究者などが行うスキャンや侵入を伴わない「偵察」のスキャンが含まれ、約1.9万IPアドレスから不正な侵入が観測された。

また、7月は198カ国から攻撃を観測した。国別の攻撃ホスト数では、ユニークな攻撃ホスト数254,998件のうち、中国が全体の3割強を占めて1位、2位はブラジルが続き、3位がインド、4位はアメリカ、5位トルコ、6位ロシアとなっている。これらの国ではウィルスに感染したIoT機器が数多く存在することが考えられる。

また、検知されたIoTウィルスを複数のアンチウィルスエンジンで検査したところ、「Gafgyt(ガフジット)」や「Mirai(ミライ)」などのウィルスが多数観測された。これらのウィルスは、Linuxで動作するネットワーク接続機能を有したIoT機器を標的にし、感染した機器でボットネットを形成してサイバー攻撃を仕掛けることで知られている。

7月度IoTサイバー脅威分析リポート(Online Security)
一般消費者向けIoT機器に対するサイバーセキュリティの調査・研究(BBソフトサービス)

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

あなたへのオススメ

人気記事ランキング