1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. PayPalをかたる日本語フィッシングメールに注意

PayPalをかたる日本語フィッシングメールに注意

PayPalをかたる日本語フィッシングメールに注意フィッシング詐欺対策の業界団体であるフィッシング対策協議会は、1月10日、インターネット決済サービスPayPalをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

これによると、メールは、「You need to sign on with the next three days」という件名で、内容は以下のような日本語で記されている。アカウントを確認するため3日以内にサインオンするよう呼びかける内容だ。URLをクリックさせ、偽サイトに誘導しログインに必要なメールアドレスやパスワードを入力させ騙し取ろうという手口である。

PayPalをかたるフィッシングメールの例

PayPalをかたるフィッシングメールの例(同協議会のサイトより転載)

同協議会では、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため引き続き注意するよう呼びかけている。日本のPayPalオフィシャルサイトのURLは「https://www.paypal.jp/」「https://www.paypal.com/jp/」「https://www.paypal-japan.com/」であり、これら以外で、PayPalが含まれるドメインを使ったメールを受け取った場合は、フィッシングメールである可能性が高いため、メール本文に記されたURLをクリックしてログイン情報を入力することのないよう注意が必要である。

フィッシング対策協議会 Council of Anti-Phishing Japan | ニュース | 緊急情報 | PayPalをかたるフィッシング(2013/1/10)

関連キーワード:

PayPal

フィッシングメール

  • Gmailのアカウント乗っ取りに注意〜2段階認証の利用が有効〜
  • カテゴリートップへ
  • K子のちょっとセキュアな日常 Vol.19 「ネット詐欺」に潜むリスクを正しく理解して楽しく買い物をしよう