1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 閲覧した動画の情報を自動的にTwitter上でつぶやく「Plays Now」に注意

閲覧した動画の情報を自動的にTwitter上でつぶやく「Plays Now」に注意

閲覧した動画の情報を自動的にTwitter上でつぶやく「Plays Now」に注意10月14日頃より、閲覧した動画のタイトルやURLなどの情報が自動的にツイートされてしまう事例が多数確認された。これは、Twitterと連携する「Plays Now」というアプリを認証してしまうことによるもので、Twitter上の投稿に記載された動画のリンク等をクリックし、表示された場面で「Plays Now」というアプリを認証すると、閲覧した動画のタイトルが自動的にツイートされるというものだ。

この件を報じた記事等によると、ツイートの先頭に「plays」と表示され「liveplaylist.net/playsnow/html5...」というようなリンクが含まれている場合、当該リンクをクリックしたり、タイムライン上の動画の再生ボタンを押したりすると、「Plays Nowがあなたのアカウントを利用することを許可しますか」というアプリ認証画面が表示される。ここで「連携アプリを認証」のボタンを押すと、自分の見た動画が自動的にツイートされてしまうという。

これにより、どんな動画を閲覧したかということが、自分のフォロワー(Twitter上の投稿を購読しているユーザー)や不特定多数の人に知られる可能性がある。実際、ネット上では、アダルト動画等の刺激的なタイトルが多数つぶやかれていることが確認され、ちょっとした騒動に発展している。

「Plays Now」を認証しているかどうかを確認するためには、自分のTwitterのホーム画面上部の歯車アイコンをクリックし、ドロップダウンメニューから「設定」をクリックする。「アプリ連携」メニューを選び、自分が認証したアプリ一覧を確認しよう。もし、「Plays Now」を認証していた場合は、「許可を取り消す」ボタンを押して連携を解除すれば自動的にツイートされることはなくなる。

このように、Twitterの連携アプリを認証する場合は、そのアプリについて事前に十分に調べるなど慎重な対応が求められる。Twitterもヘルプページで、Twitterアカウントで利用できるアプリケーションが多数提供されており、自分のアカウントを他人にコントロールされないよう、認証には注意を払うよう呼びかけている。

Twitter連携アプリ「Plays Now」に注意〜認証すると見た動画を暴露(セキュリティ通信:So-netブログ)
アカウントの安全性を保つには(Twitterヘルプセンター)

関連キーワード:

Twitter

  • IPAがインターネットサービス利用時の「情報公開範囲」の設定に注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • 「Google Chrome」が最新版「30.0.1599.101」を公開