1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「Google Chrome」が最新版「30.0.1599.101」を公開

「Google Chrome」が最新版「30.0.1599.101」を公開

「Google Chrome」が最新版「30.0.1599.101」を公開グーグル社は10月15日(米国時間)、5件の脆弱性を修正した「Google Chrome」の最新版を公開した。最新版のバージョンは「30.0.1599.101」で、対象となるのは、Windows版、Mac版、Linux版と、Internet Explorer用プラグインの「Chrome Frame」とのこと。

最新版では5件の脆弱性が修正された。このうち3件については、解放したメモリーを使用してしまう問題で、脆弱性の危険度は4段階で上から2番目に高い"High"に分類されている。

最新版への更新は既存ユーザーには自動的に適用される。また、Google Chromeのメニューから「Google Chromeについて」を選択すると、ただちに最新版の確認とアップデートが行えるということだ。

「Google Chrome」セキュリティアップデート、5件の脆弱性を修正(INTERNET Watch)
(英文)Google Chromeのリリースノート

関連キーワード:

Google Chrome

脆弱性

  • 閲覧した動画の情報を自動的にTwitter上でつぶやく「Plays Now」に注意
  • カテゴリートップへ
  • シンボリックリンクとは