1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. アップル社を騙り「Apple ID」のパスワードを狙う日本語フィッシングメールに注意

アップル社を騙り「Apple ID」のパスワードを狙う日本語フィッシングメールに注意

アップル社を騙り「Apple ID」のパスワードを狙う日本語フィッシングメールに注意10月18日頃より、アップル社のサポートを装った日本語のフィッシングメールが大量に送信されていることが明らかになった。これは、サポートコミュニティ等で話題になっていたもので、「Apple ID パスワードの再設定方法。」という件名で送信される。パスワードの再設定をリンク先の設定画面で行うよう促す文面で、リンク先の入力画面は本物のアップルのサイトとそっくりに作られているという。

差出人メールアドレスは「appleid@id.apple.com」となっており、デスクトップパソコンだけでなくスマホ等のモバイルで設定しているメールアドレス宛に届いたユーザーもいたようだ。日本語で送信されている点やメールの文面、リンク先のページのデザインなど、特にアップル製品を利用しているユーザーであれば、一見してフィッシングメールであることを見破ることは難しい。


Apple IDのパスワードを入力させようと知るフィッシングサイト(毎日新聞の記事より転載)

モバイル向けOSの「iOS」最新版や「Mac OS」の最新版、iPadの新製品などの発表が続いている時期でもあることから、メールの取扱いには特に気をつけたい。不審なメールは破棄し、くれぐれも文中のURLをクリックすることのないように注意が必要である。

関連キーワード:
10
参考になったらボタンを押してね
情報セキュリティブログ10周年記念企画
  • シンボリックリンクとは
  • カテゴリートップへ
  • 2013年10月のIT総括