1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. クリスマスシーズンを狙ったフィッシング詐欺等に注意

クリスマスシーズンを狙ったフィッシング詐欺等に注意

クリスマスシーズンを狙ったフィッシング詐欺等に注意セキュリティ対策企業のシマンテック社は、12月4日、クリスマスシーズンを狙ったフィッシング詐欺について注意喚起した。

同社は以下のようなフィッシングメールを例示した。有名な金融機関から送られてきたように見せかけ、期間限定の無料クーポン券を進呈するとの触れ込みで本文中のURLをクリックさせようとするものだ。

・件名: [Brand name] is giving you a chance to shop for free!
([ブランド名] で無料のお買い物ができるチャンス!)
・差出人: "[Brand name] Card" [name]@[domain].com
("[ブランド名] カード" [名前]@[ドメイン].com)

シマンテック社が確認したフィッシングメール
シマンテック社が確認したフィッシングメール(同社のブログより転載)

同社は、金銭を伴う取引には十分に注意し、魅力的な宣伝文句であっても不審な点がないかどうか確認したうえで、安全が確認されない限りメールに記載されたリンクはクリックしないよう、メールの取り扱いに注意を呼びかけている。

また、セキュリティ対策企業のマカフィー社は、クリスマスから年末年始にかけての「オンライン詐欺」に注意喚起している。これは、特にホリデーシーズンを狙って横行するオンライン詐欺を「2013年、12のオンライン詐欺」として今年も発表したものだ。個人情報や金銭の詐取、マルウェア拡散などの様々な手口を、「危険なモバイルアプリ」「年末年始のSMS(ショートメッセージサービス)詐欺」「人気商品のギフト詐欺」「年末年始の旅行詐欺」「危険な電子グリーティングカード」など12のタイプに分類し、一般利用者に注意を呼びかけている。

これから、長期休暇を迎える前に改めてセキュリティの対策について見直しておきたい。

クリスマスを狙うフィッシングにご用心(Symantec Connect Community)
マカフィー、年末年始を迎えるにあたり「2013年、12のオンライン詐欺」を発表(マカフィー)

関連キーワード:

フィッシング

  • オープンリゾルバーとは
  • カテゴリートップへ
  • マイクロソフト製品のグラフィックスコンポーネントに未修正の脆弱性