1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 詐欺的セキュリティソフトの詐欺広告に注意喚起

詐欺的セキュリティソフトの詐欺広告に注意喚起

詐欺的セキュリティソフトの詐欺広告に注意喚起東京都消費生活総合センターは、1月6日、詐欺的セキュリティソフトを購入させようとする詐欺広告について注意喚起した。

これによると、同センターには、「ネットに接続していたら、警告表示が出たので、クリックしてソフトを購入したが、導入しているウィルス対策ソフト会社とは別の会社のもので、導入済みのソフトではエラーは出ていない」「広告表示が頻繁に出るようになった」といった相談が寄せられているという。

こうした警告表示は「詐欺広告」の可能性があり、実際にはシステムに問題がなくても警告を表示させてソフトを購入させる手口であると同センターでは指摘している。また、「無料ダウンロード」と表示されていても、最終的には有償版を購入するように誘導されることがあり、ソフトをダウンロードさせるサイトの画面には、ソフトとは無関係の実在する会社名やロゴを表示しているものがあるという。

同センターでは、以下のような詐欺広告表示の例を示し、こうした文言には注意するよう呼びかけている。

・「あなたのPCは修理が必要です。今すぐここをクリックしてください。」
・「システム内でスパイウェアが発見されました。」
・「お使いのPCがクラッシュ寸前です。」
・「PCのパフォーマンスが低下しています。ここをクリックしてエラーを修正してください。」
・「お使いのパソコンの性能が低下しています。」
・「ウィルスに感染しています。すぐに処置を行ってください。」

ユーザーは、普段から信用できる最新版のセキュリティソフトを導入し、ソフトウェアをダウンロードする際にはアドウェアのチェックに気をつける、広告の警告を安易に信用せず、「無料」となっていてもクリックしない、といった対策を行うことが推奨される。同センターでは、被害に遭った場合は、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)の「情報セキュリティ安心相談窓口」などの専門窓口に相談することや、疑問、不安に感じることがあった場合は、最寄りの消費生活センターに相談することを呼びかけている。

警告表示をして、セキュリティーソフトを購入させる詐欺広告に注意(東京くらしWEB)

関連キーワード:

セキュリティソフト

無料ダウンロード

  • 2013年12月のIT総括
  • カテゴリートップへ
  • IPAが金銭被害に繋がりやすい事案4例を紹介