1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. アップルが深刻な脆弱性を修正した「Safari」の最新版を公開

アップルが深刻な脆弱性を修正した「Safari」の最新版を公開

アップルが深刻な脆弱性を修正した「Safari」の最新版を公開アップル社は、4月1日(米国時間)、深刻な脆弱性を解消したWebブラウザー「Safari」の最新版を公開した。最新版のバージョンは、「7.0.3」および「6.1.3」で、最新版への更新は、アップルメニュー→「ソフトウェア・アップデート」で入手できる。

「Safari 7.0.3」は、OS X 10.9(Mountain Lion)に、「Safari 6.1.3」は、OS X 10.8(Mountain Lion)、OS X 10.7(Lion)に対応する。両バージョンとも、WebKitに関する27件の脆弱性が修正されている。この脆弱性を悪用された場合、任意のコードを実行されるなどの恐れがあるという。

対象となるユーザーは早急な適用が推奨される。

・(英文)About the security content of Safari 6.1.3 and Safari 7.0.3
アップル、深刻な脆弱性を多数修正した「Safari 7.0.3 / 6.1.3」公開(セキュリティ通信:So-netブログ)

関連キーワード:

Safari

アップル

ソフトウェア・アップデート

脆弱性

  • 2014年3月のIT総括
  • カテゴリートップへ
  • 「ゆうちょダイレクト」を騙るフィッシングに注意喚起